人気ブログランキングへ

健康で楽しい日々を過ごすための情報ラボ

筋トレ、美容、食品、名言、色々綴ってます。

【自律神経失調症】原因|その体調不良はストレスから

体がだるかったり、自分は頑張ろう!と思っていても中々体がついてこない、気持ちがのらない、、、と言うことがあるはずです。

 

それは、自律神経失調症の可能性があります。

 

それでは、自律神経について簡単に説明していきたいと思います。

 

f:id:wwwwkun:20210413203743j:image

 

 

 

 

 

 

自律神経とは

 

循環器官や消化器官、呼吸器官などの調整をするため、自分の意識とは無関係に24時間動き続けているのが、自律神経です。

自動的に反応する神経のため、呼吸、血液循環、体温調整、消化、排便、生殖、免疫などの機能を無意識に調整しており、生命維持にかかせないのです。

自律神経の緊張が亢進すると、体のだるさ、便秘や下痢、頭痛、ほてり、動悸、しびれなどの症状が出現します。

「自立神経失調症」は特定の疾患名ではなく、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2つのバランスが崩れた状態を意味する慣用表現である。原因としては不規則な生活や過度のストレスを誘因に一過性に出現する場合、何らかの身体疾患に随伴する場合、うつ病や不安症の症状の一部として出現する場合などがある。

 

 

原因

f:id:wwwwkun:20210413210532p:image

原因としては、「加齢」と「ストレス」があり、

さらに病気の発症によるものも含めると、その原因は多岐にわたります。自律神経の乱れについては明確な原因があるわけでもなく、さらに遺伝性も認められていません。発症に至るメカニズムはまだまだ解明されていない部分が多いです。

最初は、一時的な体調不良と思っていたものの、病院を受診しても原因が特定できないことから、結果的に自律神経失調症と診断される場合もあります。

 

 

 

 

加齢を原因とする自律神経の乱れ

 

 

加齢が進行すると、自律神経が乱れることがあることは以前より知られています。例えば、「更年期障害」は、閉経と同時に女性ホルモンの分泌量が低下することにより、震えや多汗などの症状が出てくるものとして知られています。

しかし、男性も加齢とともに男性ホルモンの分泌量が低下することがあり、同様の症状が出ることがあります。原因が加齢とはいえ、誰にでも自律神経の乱れが出るとは限りません。例えば、定期的に運動をしているなど基礎体力がある人の場合は症状が出ないこともありますが、日々ストレスにさらされている環境にいる人や生活習慣病などの既往歴がある場合は震えやめまいといった日常生活に支障をきたすような症状が出る場合があります。

 

 

 

ストレスを原因とする自律神経の乱れ

 

 

ストレスは、多くの世代がさまざまなかたちで受けているものです。よって、ストレスを原因とする自律神経の乱れは20代でも50代でも、さまざまな世代で発症する恐れがあると考えられます。

ストレスといって考えられるのは仕事や学業、そして人間関係などが挙げられます。これらのさまざまなストレスが生じた結果、動悸やめまい、震えや多汗など、自律神経失調症の症状が出ることも少なくありません。発症した場合、その原因であるストレスを軽減することが主な治療方法になりますが、経済的なこともあって転職などにふみきれない事情もあるでしょう。その場合でも、業務内容の見直しや、異動による環境の改善などを申し出てみることは可能だと思われます。

 

症状

f:id:wwwwkun:20210414175111j:image

 

自律神経は全身の器官をコントロールしているため、そのバランスが崩れてしまうとさまざまな症状が現れる。疲れやすい、めまい、ふらつき、のぼせ、冷え、頭痛、耳鳴り、動悸、関節の痛み、便秘、下痢、生理不順、口や喉の不快感、頻尿、残尿感、発汗、肩凝りなど症状には個人差が大きい。複数の症状が別々に現れることもあれば、同時に3つ、4つの症状が重なることもある。自律神経のアンバランスに随伴しやすい精神症状としては、イライラや不安、不眠、記憶力や集中力の低下、感情の起伏が激しくなるといったものがある。

 

便秘の解消法はこちらです↓↓

 

 

wwwwkun.hatenablog.com

 

 

 

 

 

自律神経失調症かも

こちらにいくつか当てはまれば恐れがあります!!

 

⚫︎めまいや耳鳴りのするときが多い。
⚫︎または立ちくらみをよく起こす。
⚫︎胸が締め付けられる感じがする。

⚫︎または胸がザワザワする感じが時々ある。

⚫︎心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶよ

 うなことがある。
⚫︎息苦しくなるときがある。
⚫︎夏でも手足か冷えるときがある。
⚫︎胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかな

 い・胸やけなど)
⚫︎よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を

 繰り返す。
⚫︎肩こりや腰痛がなかなか治らない。
⚫︎手足がダルイ時が多い。
⚫︎顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
⚫︎朝、起きる時に疲労を感じる。
⚫︎気候の変化に弱い。
⚫︎やけにまぶしく感じる時がある。
⚫︎寝ても寝ても寝たりない。
⚫︎怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
⚫︎風邪でもないのに咳がよく出る。
⚫︎食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和⚫︎感がある。呂律が回らない時がある。

 

 

 

 

まとめ

自律神経失調症には、様々な要因や原因があります。

 

知らず知らずのうちにストレスや加齢などで、発症してしまいます。

 

このストレス社会の中、こう言った症状の方は自律神経失調症かもと言うのを知っておくことが大切です。

 

 

 

wwwwkun.hatenablog.com

 

 

wwwwkun.hatenablog.com

 

 

wwwwkun.hatenablog.com