人気ブログランキングへ

健康で楽しい日々を過ごすための情報ラボ

筋トレ、美容、食品、名言、色々綴ってます。

【薄毛】 原因と対策|薄毛は改善できる

多くの方々が薄毛と言う悩みを抱えたり、不安に思っていると思います。

 

日本人の薄毛の割合は全平均年齢で30%、20代で約10%、30代で約20%、40代で約30%、50代以降で約40%と年齢とともに割合は増えています。

 

薄毛の原因や改善方がわからない方は多いはずです。

どうして、薄毛になるの?

どうしたら、改善できるの?

そんな問いに回答していきたいと思います。

 

f:id:wwwwkun:20210418180309j:image

 

 

 

 

薄毛の原因

f:id:wwwwkun:20210418180156j:image

 

私たちの黒髪は白色人種に比べて本数が少ないことはご存知ですか?

平均すると10万本といわれていますが、金髪の方の15万本と比べると3分の2しかありません。ですから、薄毛が進行し、本数が少なくなるとどうしても目立ってしまうのです。

薄毛には脂漏性皮膚炎円形脱毛症、牽引性脱毛症、抜け毛症など様々な原因があります。診断は医師の役割ですが、原因を大きくわけると、頭皮環境によるもの、遺伝によるもの、他の疾患によるものの三つにわけて考えることができます。

 


中でも最も多いのが、男性ホルモンの働きによって引き起こされる男性型脱毛症(AGA)です。全男性の30%に症状が表れるといわれています。遺伝的要素が大きく、症状は確実に進行し、若く発症する程、症状の進行が早いこともわかっています。

ですから、男性型脱毛症の可能性がある場合はなるべく早く病院を受診し診断を受けることが重要です。症状の進行を止めるには内服薬や外用薬が必要ですが、開始する時期や処方は症状によって異なります。

一方で、頭皮環境を整えることも大切です。現代社会は精神的なストレスや疲れなど体へ負担が多く、活性酸素が多く作られてしまいがちです。

活性酸素は体内に侵入する細菌やウイルスと戦うために欠かせませんが、多すぎる活性酸素は健康な細胞まで傷つけてしまいます。傷ついた細胞はいわゆる「サビた」状態です。血管がサビると動脈硬化に繋がりますし、肌がサビるとシミになります。

過剰な活性酸素は毛髪だけではなく健康や、シミなどの美容的なことまですべてにおいて悪化させてしまうのです。毛髪のための薄毛対策は全身のケアにも繋がっているともいえるでしょう。

 

 

 

さらに頭皮環境を悪化させる原因にシャンプーの仕方があります。現代社会は清潔感が求められます。人前に出て活躍する機会が多い40代の男性では特にその傾向が強いではないでしょうか。必然的に皮脂をしっかりと落とした方がよいのではないかと洗いすぎてしまったり、強くこすりすぎたりしている方も多く見られます。

適度な皮脂は頭皮環境を守るために欠かせませんし、皮脂が欠乏すると、体はかえって皮脂を分泌しようとします。その悪循環が続くと頭皮の炎症に繋がり、毛根へのダメージが大きくなってしまうのです。

 

 

また、甲状腺疾患や貧血によっても薄毛は引き起こされてしまいます。生えてくる髪の形が悪くなったりもします。頭髪を気にすることは身だしなみを気にすることでもありますが、全身の健康状態をケアしているともいえるわけです。

 

 

 

薄毛の対策7つ

①食生活の見直し

f:id:wwwwkun:20210418180353j:image

 

薄毛の原因は、タンパク質の不足によって起きます。そのためタンパク質に欠かせない、ビタミンや亜鉛などが沢山とれる食材を取ることで薄毛対策になります。

 

薄毛対策に効果的な食べ物

タンパク質…毛そのものの成長に必要な栄養
⇒肉・魚・卵・大豆・乳製品 など

   ↓   ↓     ↓      ↓
 

 

wwwwkun.hatenablog.com

 


ビタミン…血流を促進させ頭皮環境を整える
⇒野菜・豚肉・レバー・大豆 など

    ↓    ↓   ↓   ↓
 

 

wwwwkun.hatenablog.com

 


亜鉛…髪を作る基本となる栄養
⇒レバー・カキ・魚介類 など

 

その反面、糖分や塩分は、控えるようにしましょう

 

 

②質の良い睡眠

f:id:wwwwkun:20210418180431j:image

 

髪の成長に欠かせない成長ホルモンは、深い眠りについた睡眠中に分泌されます。

そのため、深い眠りにつきやすい「質の高い睡眠」をとることで、成長ホルモンの分泌を促して薄毛を改善することができます。

 

質の高い睡眠をとる方法

午後10時〜午前2時を含む6時間程度の睡眠時間を確保する
⇒午後10時~午前2時までが、最も成長ホルモンの分泌量が多い
就寝前に落ち着いた雰囲気の音楽を聴いて、リラックスする
⇒リラックスすることで副交感神経が優位に働き、深い眠りにつきやすくなる

 

寝る前にスマホをするのは、控えましょう!

ブルーライトの影響により質の良い睡眠ができなくなります。

 

③お酒やタバコを控える

 

f:id:wwwwkun:20210418180449j:image

 

お酒やタバコは、体に負担をかけるだけではなく髪の毛に、栄養がいかなかったり血流がわるくなる。と言う悪影響があります。

 

お酒とタバコを完全に絶つ「禁酒+禁煙」が薄毛改善に効果的ですが、まずは少しずつ量を減らすようにしてみましょう。

 

④ストレスを溜めない

f:id:wwwwkun:20210418180545p:image

多少のストレスは身体にいいといわれていますが、過剰にストレスを溜め込んでしまうと、

血流が滞ることによって、頭皮環境が悪化する

栄養不足によって、毛が成長しないまま抜け落ちる

というように、薄毛が進行してしまいます。

 

ストレスを適度に解消する方法

○趣味に打ち込む時間をつくる

○仲の良い友達にあう

有酸素運動

 

⑤正しいシャンプーを行う

f:id:wwwwkun:20210418180633j:image

薄毛は、フケやベタつきなどの頭皮トラブルによっても進行してしまいます。

そこで、シャンプーを正しく行うことで、フケやベタつきを防いで頭皮を健康な状態に保ち、髪が育ちやすい環境を整えることができます。

 

正しいシャンプーの方法

1、シャンプー前にお湯で髪全体を洗う

2、ジャンプーを手に取り水を馴染ませ泡立てる

3、泡立てジャンプーで指の腹を使い洗う

4、根本から洗い流す

 

リンスやコンディショナーは、使ったほうがよい。

 

頭皮マッサージをする

f:id:wwwwkun:20210418180642j:image

シャンプーと合わせて頭皮マッサージをすることで、頭皮が刺激され、血行促進につながる
シャンプーの成分が頭皮の奥まで浸透しやすくなるといった効果があります。

また、ツメを立てて強くマッサージをしてしまうと頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、指の腹でやさしく揉み込むように行いましょう。

なかなか見た目の改善が実感しにくいですが、毛の変化が見えてくるのは早い人でも3ヶ月かかるため、毎日継続的に行いましょう。

 

育毛剤をつかう

f:id:wwwwkun:20210418180719j:image

ここまでご紹介した薄毛対策だけでも十分効果が期待できますが、より高い効果を出したい方は、「育毛剤」の使用もおすすめです。

育毛剤に含まれる成分には、

○抜け毛を防ぐ
○毛を太く育てる
○頭皮環境を整える
といった働きがあるため、高い薄毛改善の効果が期待できます。

 

 

まとめ

薄毛の原因をしり対策することで、薄毛はかいぜんできます。

 

遺伝だったり、自分は、絶対ハゲる!って思ってるのは、間違い!

 

対策をすることで、改善された事例もあります。  

遺伝はくつがえせます!

 

 

 

wwwwkun.hatenablog.com

wwwwkun.hatenablog.com

wwwwkun.hatenablog.com

wwwwkun.hatenablog.com

wwwwkun.hatenablog.com

wwwwkun.hatenablog.com